人生

【中退経験談】高校を辞めることは失敗にならない考え方5つ

投稿日:

高校中退経験のある私は言いたい。

なみンゴ
そんなに毎日辛くて苦しいなら逃げるのもありだよ。また後からいくらでもやり直せるからさ!

なみンゴは過去に高校を退学、その後別の高校に改めて入学し卒業、大学にも進学したという過去があります。

詳細はこちらで書いているのでよかったら読んでみてくださいね!

高校を中退したけど、今は幸せだよ

私は高校を中退した過去があります。理由は人間関係。 いじめとかではなかったけど、なんとなく馴染めていなかった、高校デビュ …

最初に入った高校にはどうにも馴染めず、苦しんで悩んで、最終的には退学をしました。

高校を辞めたいけど、どうすればいいのかわからないあなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

  • 高校を辞めたら「挫折した人間」「逃げた人間」のレッテルが貼られそうでいやだ
  • 高校を辞めたら自分の経歴に傷がつくのではないか
  • どうせやり直してもまた同じ悩みを持つのではないか

高校を辞めた後のことを考えると、もっと辛いことがあるんじゃないかってこわくなりますよね。

今後の人生にも大きく影響するんじゃないかと思うと、今我慢することが最善のようにも思えるかもしれません。

でも、そんなに辛くて辛くてどうしようもないくらいなら、辞めるのも一つの手段。今時高校中退なんて何も珍しいことはないんですよね

なんでもかんでも逃げればいいという話ではないけど、高校を辞めたいというほど追い込まれているなら退学を検討したって良いじゃない。

詳しくお話ししますね。

高校を辞めることはただのリセット

高校を辞めたいぐらい悩んでいるのに、さらに高校を辞めた後のことを想像してなおさら苦しくなっていませんか?

高校を辞めることで「失敗した人」と周りから見られることを恐れているのかもしれません。

なみンゴ
私もこの点に関しては大いに悩んだ!
それまでは学級委員とかやるような真面目系人間だったから、まさか自分が学校を辞めたいと思うなんて、想像もつかなかったし

でも、それは失敗ではなく、リセットと考えてみてください。

別に高校を辞めたぐらいで人生は終わらないし、あなたの今後の人生が不幸になることが確定するなんてことはありません

結局どこに行ったって同じは嘘。環境で変わることはたくさんある

「今ここで諦めたらどこに行ったって同じ。」

そんな風に大人は諭すかもしれません。

ですが、高校を一旦退学し、他の高校に入学し直し、1つ年下の子達と3年間(大学を入れればさらにプラス4年間)過ごした経験者であるなみンゴはこう思います。

なみンゴ
環境を変えれば案外すんなりうまくいくことって大いにある。大人の言うことが全て正しいとは限らない

あなたに忠告する大人はリスクを考えているのかもしれません。

  • せっかく入った高校なのに辞めるのはもったいない
  • この後他の高校に入学できるとは限らない
  • 周囲の目もあるし、辞められては困る

ですが、あなたが本当に辛くてどうしようもないのであればこれらの意見は気にする必要がありませんし、あなたが学校を辞めるという選択肢を尊重するべきです。

あなたの親もどうすることが正解なのかがわからず悩んでいるのかもしれません。

なみンゴはこの件で親を初めて泣かせてしまいました。

(ですが、その後も何回か泣かせています。苦笑)

なみンゴ
あなたがどう苦しんでいるのかは、あなたが話さなければ伝わりません!恥ずかしいとかみっともないなどと思わず、今の気持ちを親に相談してみてください!

ガンガン大人を頼ってください。

赤ちゃんの時はうんちやおしっこで汚れたオムツを交換してもらっていたのですから、何を今更恥ずかしがる必要があるでしょうか!

しっかり考えた上で、あなたがどうしたいのかを話してみてください。

知人が全くいない環境に身を置くのは有効

学校を辞めたことに対する周囲の目が気になるのであれば、次の高校は全く知人のいないところを選ぶといいですよ。

なみンゴ
あ、なみンゴは高校を中退したら就職しろ!起業しろ!フリーランスになれ!プロブロガーになれ!とか絶対勧めません。
可能であれば全日制の高校に入り直すことをオススメしますし、それが難しければ定時制や通信制でもいいので高校にだけは通うことをオススメします

特に人間関係が原因で学校を辞めるのであれば、ちょっと通学に時間がかかってでもそうしてください。

なみンゴ
知人がいるかどうかでプレッシャーが全然違います!リセットしてやり直すなら、環境も人間関係も一新する気持ちで!

年下の子たちとうまく過ごせるか心配

大人になってしまえば1歳の年の差なんて誤差の範囲内ですが、10代にとってはその1歳の年の差がとても大きく感じますよね。

1歳という差を大きく感じるのは正常な感覚

そう感じるのは至極当たり前のことです。

今なみンゴは1歳にもならない赤ちゃんを育てています。

数ヶ月前までは寝転ぶしかできなかった赤ちゃんが、その数ヶ月後には寝返りができるようになり、立てるようになり、歩けるようになります。

たった数ヶ月の差で、こうも違うものかと成長に驚いています。

赤ちゃんをたとえに出すのは極端かもしれませんが、若ければ若いほどその1歳という差が大きいのは事実なんですよね。

そして、大人になればなるほど、その1歳の差はとてもとても小さくなります。

年下の子とたちと上手くやっていくには変に気張らないことが大事

あなたは1つ年上であることにプライドを持っているかもしれません。

年上なんだからしっかりしたところを見せなきゃ、できるところを見せなきゃ、なめられないようにしなきゃ。

そう気張る必要は全くないですし、なんなら年上であることはしばらく黙っていた方が楽です。

年上の人と同級生として接するなんて経験をしたことのある子はまずいないですから、私は1つ年上なんだけど…なんて言って相手に気を遣わせる必要はありません。

同い年として振舞って、そのうち打ち明ければいい話です。

威張る必要もありませんし、負い目を感じる必要もありません。

全てを最初から全部言う必要なんてないんです。

自分のことを知ってもらわなきゃ!と全部話す必要はないんです。

なみンゴ
自分が実は1つ年上であることを打ち明けたらどうんな反応をするかな?そんなことを考えながら生活するのも、ちょっと楽しいもんですよ。ひひひ

高校を辞めたとしても、改めて高校生になることを推奨

先ほども言いましたが、なみンゴは高校中退経験者として、高校を中退したとしても改めて別の高校に入り直すことをオススメします。

すぐに就職しろ!起業しろ!フリーランスになれ!ブログで稼げ!とか絶対オススメしません。

将来何かやりたいことを見つけた時に自由に動けるよう勉強はしておくべきですし、いざという時に学歴は役に立ちます。

なみンゴ
学歴なんて意味ない。これ嘘ですから。

意味のない人もいたんだねー、そうかー程度に思っておいた方がいいです。真に受けないでください。

あなたの人生において学歴が意味はない、と彼らは言っているのではありません。

学歴はなかったけど私はここまでこれた、という結果論がほとんどです。

ないよりはあった方がいいに決まってますから、勉強することを諦めないでください。

全日制の高校に入り直すことを推奨しますが、それが難しければ定時制や通信制でもいいので高校は諦めないでください。

今後は平均寿命が100歳になるかもなんて言われるぐらいですから、あなたのこれから先の人生はとても長いんですよね。

それだけ長い人生ですから、これから先何が起こるかなんて誰にも想像はできません。

想像ができないのであれば、備えておいた方が今後の人生は生きやすいです。

大丈夫です、ほんの数年後には「あぁ、あんなこともあったな」ってその程度の話になりますから。

なんなら、高校中退というちょっとだけ人と違うことを経験できたことは、今後のあなたの人生でプラスになることもあります。

なみンゴ
とりあえず、私はこれだけ辛いことを経験したってドヤって来る人をドヤリング返しできる場合は多いよ!笑

まとめ

大丈夫です、大多数の人が高校を卒業しているのですから、あなたも高校を卒業できます。

あなたは今回ちょっと疲れてしまっただけ。

なんなら、中退って今時珍しくないんですよ。

リセットしてやり直している人なんていっっぱいいますから、今回はただ仕切り直しが必要なだけ。

なみンゴも高校中退して別の高校に入学し直しています。

なみンゴ
高校を辞めたり入り直したりした時はめちゃくちゃ悩んだし辛かったけど、今はそんなこと忘れるぐらい適当に生きることができているよ!
大学にも入れたし大学では旦那さんと出会えたしね!赤ちゃんも生まれたことだし。
大丈夫!人生なんていくらでもやり直せる!

試験のために塾にも通いました。

なみンゴ
数学で当てられるのが苦痛で、数学の授業はサボりまくっていたことは親には内緒!

本当に自分のやりたいことなんて大人になっても見つけられない人がほとんど。

何もわからないのであれば、準備をすること!

準備とはつまり勉強をすること!

「人生は死ぬまでの暇つぶし」

この言葉が、今辛い思いをしているあなたに届きますように。

終わり!

-人生

Copyright© なみンゴの「いずれは晴れる」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.