副業で稼いで楽しく余裕のある生活をしたい!を支援するブログ

いずれは晴れる

レビュー 妊娠・出産・育児 育児

乳児湿疹対策はどうすればいい?実際に子育てした経験談から言えること

投稿日:

赤ちゃんはみんな肌がつるつるすべすべなのが普通だと思っていたので、娘の顔にニキビのようなブツブツができた時は、本当にびっくりしました。

なみンゴ
もしかして、自分の洗い方ケアの方法が間違っているんじゃないか

と、不安な気持ちにもなりました。
病院に行って薬を処方してはもらったのですが、普段のケアには保湿が大事で市販のベビー用ローションを使用して良いとのことだったので、市販のものや通販のスキンケア商品を色々試してみました。
なかなか満足のできるスキンケア商品に出会えず、うちには使用しないベビーローションが増え続けました…泣
そんな中、最終的に娘に合うベビーローションを見つけることができたので、そもそもの乳児湿疹は何なのかの解説と一緒にご紹介いたします。
同じように乳児湿疹で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

乳児湿疹についてはもう知っているからランキングを早くみたい!という方はこちらをクリック

 

乳児湿疹とは?

病院に行っても多くの場合は乳児湿疹とだけ診断されます。
カサカサやブツブツがおでこに出来ていても、ほっぺに出来ていても全部「乳児湿疹」。
薬を処方されそれを使用した後また最新するように言われる場合が多いようです。
うちの娘も少量のステロイドが入った塗り薬を処方され、経過を見るために改めて病院に来るようにと言われました。

乳児湿疹ができる原因は?

なみンゴ
湿疹が出来てしまったのには何か理由があるのかな…

与えたミルクに問題があるのか、自分の母乳もしくは自分の食生活が原因で赤ちゃんの乳児湿疹が出来ているのでは…?なんて不安になりました。
産後すぐのお母さん、ましてや初めて赤ちゃんを育てるママは何もかもが不安で心配になるものですよね。
生後二ヶ月くらいまでの赤ちゃんにはお母さんのおなかの中にいる時にお母さんからもらったホルモンを持っています。
そのホルモンの影響で、皮脂の分泌が盛んになり皮脂量の多いおでこなどに湿疹が出やすくなってしまいます。
不潔にしているからだとか関係なく、乳児湿疹ができる子にはできるものなので、ママは自分自身を責めないようにしてくださいね。

そもそも赤ちゃんの肌はトラブルが起こりやすい

赤ちゃんの肌の厚さは大人の約半分しかないため、細菌やホコリ、花粉化学物質などから肌を守る機能が十分に働きません。
また、水分をキープする角層も大人より薄いため、乾燥しやすいという特徴があります。
これまでは生まれたばかりの赤ちゃんにスキンケアは必要ないという考えが一般的でしたが、これらのことより、生まれてすぐにスキンケアをしてあげることが大事だと言われるようになりました。

スキンケアによる保湿で乳児湿疹を治すことはできないが予防することはできる

乳児湿疹は乾燥などでも起こりますので、予防として保湿が大事です。
乳児湿疹とアレルギーの見分け方は、医師でも難しいようで、慢性的に炎症を起こす場合はアトピー性皮膚炎と判断されるようです。
娘の場合はそこまで酷くはなかったので、アレルギーではなく、きっと乳児湿疹でしょうという診断でした。
処方された保湿剤は早々に無くなりそうだったので薬剤師さんに多めに欲しいと言ったのですが、なくなったら、市販のベビーローションを使用すればいいと言われました。
最初の頃は中に白い線のようなものが見える、ニキビのような湿疹でした。いわゆる新生児ニキビというものです。
その後は赤いブツブツのような出来物ができるようになりましたが、医師の指示に従い、毎日の洗浄と保湿はしっかり行うようにしました。

そもそも薬と保湿剤は役割が違う

薬を塗っているのにスキンケアは必要ではないと思われる方もいますが、そもそも薬と保湿剤は使用目的が違うのを知っていますか?
薬は炎症を抑えかゆみを取り肌のバリア機能を解放させるために必要となります。
保湿剤は肌の潤いを補うために必要です。
アトピーなどは慢性的な皮膚炎なので薬で炎症が治まってもスキンケアは怠らずに続ける必要がありますし、丈夫な肌を育てるためには毎日のスキンケアが重要となります。
 

乳児湿疹とアレルギー性皮膚炎の見分け方

赤いぶつぶつができたからといってすぐにアトピー皮膚炎を疑う必要はありません。
アトピー性皮膚炎は、以下の特徴があります。

  • 痒みのある湿疹が出る
  • 良くなったり、悪くなったりを繰り返す
  • 年齢によって症状の出る場所が変わる
  • 手首や足首、膝の裏などに左右対称で現れる

痒みのある湿疹が出る

カサカサだったり、小さいブツブツだったり赤くなったり、グチュグチュだったりと乳児湿疹には色々な症状がありますが、アトピー性皮膚炎の場合は痒みを伴う湿疹が出ます。
 

良くなったり、悪くなったりを繰り返す

薬が効いて湿疹が良くなったと思ってもしばらくするとまた元に戻ってしまうというのがアトピー性皮膚炎の特徴なので、医師と協力して赤ちゃんの湿疹の経過を観察する必要があります。
 

年齢によって症状の出る場所が変わる

アトピー性皮膚炎の場合、赤ちゃんの時には頭、顔、首、ひどくなった時に胸や背中、手足に出ますし、幼児や児童になると、首関節の内側裏側に出るようになるなど、症状の出る場所に変化が出るなどの特徴があります。
まずは医師の指示に従い綺麗に洗うことと、保湿を頑張ってみて、その後、経過を見て判断することになります。
また軽度のアトピー性皮膚炎であればスキンケアだけで軽減することもありますので、スキンケアは毎日怠らずに行うことが重要です。
 

手首や足首、膝の裏などに左右対称で現れる

乳児湿疹が顔や頭、お腹に出てくるのに対し、アトピー性皮膚炎の場合は手首や足首、膝の裏など線になっている部分に現れます。
特徴的なのが左右対称に出てくる点で、右足首が赤くブツブツが出てきている場合、左足首にも同じような症状が見られることが多いです。
 

ステロイドは怖くない

ステロイドや病院から処方された薬は使用したくないからといって放置する方もいるようですが、これはあまり望ましくありません。
乳児湿疹がなどで肌が荒れていると、バリア機能が低下しているため、そこからアレルギーのも原因となるアレルゲンが入ってしまい、アレルギーを引き起こすこともあります。
肌が荒れているのであれば、薬などを使用してしっかり治す必要があります。
医師の指示に従って使用すれば、ステロイドは怖くないので、赤ちゃんのためにもしっかりケアしてあげる必要があります。
 

【体験談】医師に診てもらっても判断は様々

うちの娘は卵アレルギーでアナフィラキシーショックを起こし救急車で運ばれた経験があります。
こういうアレルギーを持つ赤ちゃんは、肌が荒れていることが多いそうで、娘も肌の異常はすぐに治すようにと指導されステロイドを処方されました。
実はそれまでにも複数の小児科に肌を診てもらっていましたが、乳児湿疹としか診断されませんでした。
ですが、アレルギーの専門の先生に診てもらって初めて、アトピー性皮膚炎の気があると診断されました。
当時は生後10ヶ月も経っていませんでしたが、それぐらい乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の診断は紙一重なのだなと感じました。
 

色々試してよかったベビーローションベスト3

最初はドラッグストアなどで買えるベビーローションを使用していましたが、塗っている時に敏感肌である私の手が荒れるものなどもあり、これでは娘には刺激が強すぎるのではと思って色々試すようになりました。
その中で効果を実感できるスキンケア商品があったのでご紹介します。

【母子手帳副読本に掲載!】ファムズベビー

ファムズベビー

東京大学と共同で開発された実力派のスキンケアローション。

全国の自治体から妊婦さんに配布される妊娠出産子育ての本に掲載されました。

ムース状の優しい泡で赤ちゃんの肌を保護し、バリア機能を高めます。

価格85g
容量2,400円(税抜)
原材料水、LPG、ステアリン酸、ジメチコン、グリセリン、PVP、TEA、セタノール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)、 グリセリル、ラウレス-2、ラウレス-21、酢酸トコフェロール、フェノキシエタノール
※合成着色料・シリコン・鉱物油・紫外線吸収剤・硫酸系化合物(サルフェートフリー)・パラベン・フェノキシエタノール・エタノール・防腐剤・DPG・PG・タルク・合成酸化防止剤・パラフィン・コカミドDEAが無添加

アロベビー ミルクローション

ミルクローション
  • 99%以上天然由来
  • 無添加・無香料・無着色
  • 安心&安全の純国産

世界基準・エコサート認証を取得した正真正銘のオーガニック製品なので、赤ちゃんにも安心・安全。

楽天・Amazonで第一位、ペアレンティングアワードの受賞、 数々の雑誌でも紹介されている人気のベビーローションです。

価格980円(税抜) ※単品購入の場合は2,300円(税抜)
容量150ml
原材料水、グリセリン、オレンジ果実水*、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、オリーブ果実油*、シア脂*、ヒドロキシステアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ホホバ種子油*、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、オウゴンエキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー油*、ローズマリー油*、ラベンダー花水*、カニナバラ果実エキス*、タチジャコウソウ花/葉エキス*、ラベンダー花エキス*、キサンタンガム、トコフェロール、ヒマワリ種子油、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ヒドロキシステアリルグルコシド、ステアロイル乳酸Na、BG、ベンジルアルコール、デヒドロ酢酸(*印はオーガニック栽培原料)

ぬくもりミルクローション

爽やかなカモミールの香りが特徴的なぬくもりミルクローション。

高い保湿力がが特徴的で、天然由来99%、無添加で新生児から使える安心・安全のミルクローションです。

価格2,980円(税抜) ※単品購入の場合は3,980円(税抜)
容量150ml
原材料水、グリセリン、コメヌカ油、スクワラン、セラミドAP、セラミドNP、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ダイズタンパク、葉酸、ビオチン、BG、ツボクサエキス、ベタイン、イタドリ根エキス、オウゴン根エキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、モモ葉エキス、テトラオレイン酸ソルベス-30、ステアリン酸グリセリル、カプリル酸グリセリル、セテアリルアルコール、ステアロイルラクチレートNa、ヒドロキシエチルセルロース、カルボマー、水酸化K、PEG-60水添ヒマシ油、香料
※合成着色料・シリコン・鉱物油・紫外線吸収剤・硫酸系化合物(サルフェートフリー)・パラベン・フェノキシエタノール・エタノール・防腐剤・DPG・PG・タルク・合成酸化防止剤・パラフィン・コカミドDEAが無添加

-レビュー, 妊娠・出産・育児, 育児

Copyright© いずれは晴れる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.