プログラミング 仕事・転職

SEの転職。評価されるポイントとは?うまくいくコツと対策を知って年収アップ!

投稿日:2018年11月3日 更新日:

旦那が転職活動を始めてから1ヶ月も経たないうちに内定を2社からいただきました。

今勤めている会社は地方の中小企業ですが、内定をもらった会社は1つは一部上場企業。もう1つも親会社が一部上場企業の大手です

しかも受けた会社もその2社のみなので、百発百中で受かったことになりますね。

なみンゴ
正直こんなにうまくいくとは思わなかった…
旦那氏
いやいや、嫁だったら応援してよ。笑

ということで、旦那氏が短い期間でどう転職を成功させたのか、そのコツをまとめてみました!

グッドポイント

 

現役SE(システムエンジニア)の旦那のスペック

まず転職した旦那のスペックをご紹介します。

  • 30代前半
  • 地方国立大の大学院卒業
  • 新卒で勤めた中小企業に7年間勤務
  • 地方在住
  • 持っている資格:データベーススペシャリスト(国家資格)

こちは高いスペックに見えますか?それとも低いスペックに見えますか?

資格を取得できると会社から補助や手当が出たので受けたのですが、給料は決して高くない会社です。

SEは東京に行けばある程度は稼げると聞きますが、私たちが住んでいるのは地方だからか、旦那の稼ぎだけでは食べて行けないので私も働いています。

旦那氏
(自分が仕事が好きで働いているじゃん…人の給料を少ない呼ばわりして…)

 

SE(システムエンジニア)は転職の度に給料が上がるって本当?

地方によっては難しいですが、実務経験のあるSEは少ないので転職のタイミングで年収が上がる場合が多いです。

今の会社では、新卒でずっと働いている旦那氏よりも、途中で他社から転職してきた中途採用者の方が給料が高かったです。

旦那氏
これも転職をしようと思ったきっかけの1つだけどね。なんだかバカバカしくて。

ある程度実務経験を積んだり、資格を取得できたら転職をするというのも年収をアップさせるテクニックですね。

資格については取得する必要がないという意見もありますが、転職の際には十分評価されるので取得できるのであればしておくべきです。

 

SEが最短で転職するコツ

転職活動はさっと終わらせたいですよね。

そこで今回の旦那の転職活動から学んだ、「SEが最短で内定をもらうのコツ」をご紹介します。

  1. 会社はハロワで探さない。転職エージェントを使用し、未公開求人情報を紹介してもらう。
  2. 転職エージェントから複数の紹介先を提案してもらう。
  3. 履歴書は手書きの前にパソコン入力で原本を用意しておく。
  4. 転職理由でネガティブなことは言わない。
  5. 年収は嘘をつかない。数字を盛らない。
  6. ほとんどの場合はSPIを受ける。最低限心の準備を。

会社はハロワで探さない。転職エージェントを使用し、未公開求人情報を紹介してもらう。

ハローワークだけで転職活動をしているなら、非常に勿体無い!です。

転職するのであれば転職エージェントを利用するのが、今時の転職活動の常識。

旦那氏
なんで転職エージェントを利用するのか?それはずばり、未公開獣人情報にアクセスするため

未公開獣人情報とは普通は公開していない求人情報のことで、ハローワークなどでは募集していません。

転職エージェントは独自のルートからこういった未公開求人情報を持っているため、転職活動をするならまずは登録するところから始めましょう。

 

転職エージェントはリクナビNEXTがおすすめ!

実際に今回内定をもらった2社は、リクナビNEXTを通して紹介してもらった未公開求人情報です。

なみンゴ
やっぱり大手なだけあってパイプがたくさんある印象ですね

 

5分で簡単に登録できます!

 

転職エージェントから複数の紹介先を提案してもらう。

転職エージェントを利用するメリットはもう1つあります。

それは、自分で探さなくても自分のスキル・経歴に見合った会社を選んで提案してもらえるところ

 

旦那氏
ハローワークだったり、自力でネットで探すにも労力が必要だけど、転職エージェントを利用すればデータ入力と簡単な電話面談さえ終えてしまえばあとは向こうから紹介先を提案してもらえます。

特に、退職せずに会社に在籍したまま転職活動を行う場合は時間に限りがあるため、プロに頼んでしまった方が効率よく進めることができます。

 

なんと、今回の旦那氏の転職活動はリクナビNEXTに登録してからたったの3週間だけで2社から内定をいただいています。

転職エージェントを利用すると、いかに早く転職活動が進められるかということがわかりますね。

 

履歴書は手書きの前にパソコン入力で原本を用意しておく。

転職エージェントに提出する履歴書・職務経歴書はデータで提出がOKだったので問題なかったのですが、企業に提出する履歴書は手書きで書くようにエージェントより指示がありました

なみンゴ
これは私の勝手な偏見ですが…SEというか男性って文字を書くのが苦手な人多くない??

うちの旦那も文字を書くのが苦手な一人でした。

丁寧に文字を一文字も間違えずに書くというのがとても難しかったようです。

旦那氏
正直、転職活動を進める中で、手書きで履歴書を書くのが一番大変だったかも…

 

履歴書は手書きで書く必要があるのか?非効率では?

今時、履歴書を手書きで書くなんて非効率だし、不要な手間なんじゃ…と思いますよね。

ですが、手書きが無難なことが多いです。

採用担当の方の年齢が高いほど、書かれた文字の丁寧さなど文字を見て判断をすることが未だあるようです。

今回は転職エージェントを通して採用担当者から「手書きで書くように」という指示がありました。2社ともです。

もし履歴書を用意する必要があると言われたら、転職エージェントの担当者に手書きと印刷とどちらがいいのか聞いてみましょう。

 

転職理由でネガティブなことは言わない。

SEの転職に限ったことではありませんが、現職の悪口やネガティブな話は言わないことがベストです。

旦那氏の転職理由は、「長期転勤の予定があるためそれを避けるために転職を決意」と話をしていましたが、2社とも反応は悪くはなかったです。

なみンゴ
ちなみにこの話は本当の話。実際に数ヶ月後に県外に転勤の予定がありました。
子供が小さいし、家も建てたばっかりだったので県外に行かれるのは避けたかったんですよね…

転勤を断ればいい話なのですが、断ると減給されてしまう会社でした。

断らないで転勤したとしても、増える手当はほんの少し。これは困る!と転職を決意したのです。

 

年収は嘘をつかない。数字を盛らない。

今の年収を盛って申告するか迷ったことはありませんか?

旦那は年末調整の用紙もしくは直近の給与明細を面接時に持ってくるように言われました

旦那氏
後から持ってくるように言われて焦った…。年収を盛って言わなくてよかった。笑

自己申告だけで終わればいいですが、それだけでは終わらないこともあるのでご注意くださいね。

 

ほとんどの場合はSPIを受ける。最低限心の準備を。

2社ともSPIがありましたので、旦那は2週間の間に2回SPIを受けました。

メールでURLが送られてきて、そちらを面接前に自宅で受験しておくようにという指示がありました。

旦那氏
SPIなんて楽勝でしょう〜と舐めていると痛い目みます。しっかり集中できる時間を確保し、静かな場所で受験することをお勧めします

 

実務経験のあるSEを欲している企業はたくさん。今がチャンス!

上述しましたが、実務経験のあるSEは不足しているので、年収アップを狙うのであれば転職をするのが手っ取り早いです。

旦那氏
転職しようしようと思ってたけど実際に動くには数年かかりました。笑
でも実際に活動を始めてみたら、わずか3週間のうちに内定をもらえたので、案外早く終わるんだなという印象です

どうせいい会社なんてないし…なんて諦める必要はありません。

私たちが住んでいるのも地方なのでそんなにいい会社はないだろう…と思っていたのですが、転職エージェントを通して今まで知らない企業が複数あることに気づきました。

しかも一部上場企業だったりそれなりの大手だったり。

なみンゴ
ハローワークに求人がないからと諦めるのは時期尚早ですよ

 

未経験だけど転職できる?

先日twitterでこんな投稿を見かけました。

今、プログラミングを勉強している人がかなり多いんですよね。

義務教育でもプログラミングが必須科目になるということで、お子さんをプログラミング教室に通わせている親御さんもたくさんいます。

子供向けプログラミング教室に関心のある方は「プログラミングを子供に学ばせるならプログラミング教室がオススメ!」をご覧ください。

プログラミングを子供に学ばせるならプログラミング教室がオススメ!

2020年度から必修化になるとのことで話題となっている「プログラミング」。 なみンゴプログラミングって授業だけでついてい …

続きを見る

 

まとめ

「SEが最短で内定をもらうのコツ」はこちら。

  1. 会社はハロワで探さない。転職エージェントを使用し、未公開求人情報を紹介してもらう。
  2. 転職エージェントから複数の紹介先を提案してもらう。
  3. 履歴書は手書きの前にパソコン入力で原本を用意しておく。
  4. 転職理由でネガティブなことは言わない。
  5. 年収は嘘をつかない。数字を盛らない。
  6. ほとんどの場合はSPIを受ける。最低限心の準備を。

「どうせ自分は転職できない」
「地方だからいい会社はない」
「転職に失敗したら時間の無駄だからやめておこう」

旦那と私にはこんな思い込みがありましたが、現職での転勤をきっかけに転職活動を始めたことでこれらが思い込みだったことを知りました。

旦那氏
自分はSEだからこそ、近場のシステム会社は全部把握してるという思い込みがありました。
ですが実際は思い違いで、近くに一部上場企業があったことも知りませんでした…

なんでも思い込みはよくないですね。

なみンゴ
あなたが知らないだけで、実はベストマッチする会社が割と近くにあるかもしれません。

少しでも関心があるのであれば、動くことをお勧めします。

5分で簡単に登録できます!

-プログラミング, 仕事・転職

Copyright© なみンゴの「いずれは晴れる」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.