副業で稼いで楽しく余裕のある生活をしたい!を支援するブログ

いずれは晴れる

家関係

後悔しない二世帯住宅の成功例 | 我が家の間取り(義両親・息子夫婦・子1人)

投稿日:2019年3月30日 更新日:

玄関だけ一緒で、リビングや台所、お風呂やトイレはそれぞれ設けてある我が家は一部共有型の二世帯住宅です。

なみンゴ
これがなかなか成功でして、二世帯住宅で旦那両親と同居していますがなかなか快適に過ごしています

 

二世帯住宅で大事なのは間取り。

ここを間違えなければ、親世帯や子世帯それぞれがお互いにあまり気をつかいすぎて疲れる…なんてこともなく快適に過ごす事ができます。

なみンゴ
我が家の間取りはかなりおすすめなので、ぜひ参考にしてみてくださいね

 

後悔しない!二世帯住宅おすすめの間取り

二世帯住宅なんか建てるんじゃなかった!失敗した!…とならないように、間取りはしっかり考えるべきです。

我が家の間取りをご紹介するので、いいなと思ったところは参考にしてくださいね。

1階は義両親スペース

1階は基本的には義両親のスペースですが、2階の私たち息子夫婦に子供が増えた場合に手狭になってしまうため、スペースをもらって息子夫婦世帯用の浴室を配置しているのがポイントです。

1階のポイントはこちら。

ポイント

  • 息子夫婦世帯用の浴室を配置
  • 玄関から親世帯子世帯のスペースへそれぞれの扉を配置
  • 玄関は共有。その分玄関収納は大きく

息子夫婦世帯用の浴室を配置

1階スペースに子世帯用の浴室を配置したおかげで、2階には族がくつろぐには十分なスペースのLDK、夫婦の寝室と子供部屋2つを作ることができました。

なみンゴ
1階には親世帯2人しかいないから、1階スペースを使っていいよと義両親が提案してくれました

おかげで2階は広々としたスペースが確保できたのでとても助かりました。

 

玄関から親世帯子世帯のスペースへそれぞれの扉を配置

玄関は共有。その分玄関収納は大きく

 

2階は私たち息子夫婦スペース

玄関を入ってすぐに息子夫婦(私たち)スペースに入る扉があります。ここを開けて階段を登って2階が息子夫婦スペースになります。

息子夫婦とさらにその子供の住居スペースになるので、1階よりは広くなっています。

2階のポイントはこちら。

ポイント

  • 真ん中にLDKを置く事で廊下を省き、無駄なスペースの節約
  • 各部屋に行くためにはLDKを通る必要があるので、家族が顔をあわせる機会を多くできる
  • わんちゃんイラストの場所は1畳の犬用スペース

真ん中にLDKを置く事で廊下を省き、無駄なスペースの節約

各部屋に行くためにはLDKを通る必要があるので、家族が顔をあわせる機会を多くできる

わんちゃんイラストの場所は1畳の犬用スペース




-家関係

Copyright© いずれは晴れる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.