香水系まとめ

【男性】知らないとやばい香水(メンズ)の正しい付け方 | 耳の裏につける?

投稿日:2018年4月30日 更新日:

女性は嗅覚に敏感…そのため…

なみンゴ
いい香りの男性はそれだけでモテる!

イケメンだとかお金持ちだとか、性格がいいとかモテるための要素はいろいろありますが、実は「いいにおいがする」っていうのもモテるポイントの一つなんですよね。

というか、体臭がきつかったりするとそれだけでもう恋愛対象から外れてしまうんです。匂いの影響って恐ろしいんです。

しかも匂いのこわいところは自分では気付きにくいところ。

なみンゴ
実はあなたがモテないのは臭っているからかもぉ〜!
旦那氏
ちょっとしたホラー話だ…

そこで利用していただきたいのが香水!

女性ウケのいい香水を利用していい香りを纏いたいところですが、香水はつけすぎてもダメだし、つける量が少なすぎてもダメなんですよね。

そこで、モテる香りを演出できる香水の正しい付け方をご紹介します!

モテたい男性はこちらをチェック→【女性受け抜群】いい男の香水・フレグランス10選

 

香水の種類を知ろう!

香水にも種類がありますのでそれぞれの特徴を知り、うまく使い分けるようにできればすぐにあなたも香水上級者です!

オードトワレ

オードトワレは、3種類の中で中間の濃度で、その濃度は5%~10%です。

持続時間も3種類の中間の、2~5時間程度で優しく香るのが特徴となります。

初心者でも扱いやすい軽い香水ですが、つけすぎると香りがキツくなるので、香りが物足りないとつけすぎてしまわないように注意が必要です。

オードトワレを使う場合は、数滴垂らして馴染ませて使うようにしましょう。

オードパルファム

オードパルファムは、3種類の中で一番濃度が高く、その濃度は10%~15%です。

持続時間も長めで、5~10時間程度です。

香りが長持ちするので、何度もつけ直しができないシーンで使うのがおすすめです。

オードパルファムは種類が多く、価格も手ごろなものが多いため良く目にする種類になります。

香水初心者でも手に取りやすいと思いますが、匂いの濃度が高く、持続時間が長いことを忘れずに使いましょう。

つけすぎると匂いがキツく、落ちにくいので気をつけてくださいね。

オードパルファムを使う場合も、数滴垂らして馴染ませて使うようにしましょう。

オーデコロン

オーデコロンは3種類の中で一番軽い香水です。

その濃度は2%~5%で、持続時間も1~2時間ととても短いです。

女性から見て、男性が何度も香水をつけ直すのは印象が良くないので、自宅や仕事中、お風呂上がりなどの気分転換に使うのがおすすめです。

濃度が低い分、広い面積に塗っても大丈夫なものが多いので、自分の好きな匂いを自分の為に選んで使うとリフレッシュに役立ちますよ。

 

香水をつける前の注意点

香水をつける前に気をつけたいのは、香水をつけるタイミングです。

香水は、つけた後に体温で香りが変化し、香水が一番良く香るのはつけてから30分~1時間ほど経ったタイミングです。

香水の香りには3段階あり、それぞれに呼び名があります。

  • つけてすぐ~30分ほどのアルコールが飛んでないはっきりとした香りをトップノート。
  • つけてから30分~1時間ほど経ったタイミングをミドルノート(ハートノード)。
  • 香水本来の香りが薄れて来た頃をラストノート。

香水本来の香りを楽しむことができるのは、つけてから30分~1時間ほど経過したミドルノートの時間帯です。

待ち合わせや目的がある場合は、このミドルノート(ハートノード)のタイミングに合うよう逆算して香水をつけるようにしましょう。

また、香水をつける場合は先に入浴を済ませるなど体臭をクリアな状態にしておくのも大切です。

香水本来の香りを楽しむ為に、制汗スプレーなど他の匂いと混ぜて使わないようにしてくださいね。

 

ここに香水はつけてはいけない!NGな場所

香水はどこでもつけてOKというものではありません。使い所によっては残念なことになってしまうので、以下の点に注意して使用してくださいね!

  • 匂いを消したいところに香水をつけない
  • 衣類に香水をつけない

 

匂いを消したいところに香水をつけない

脇などの体臭が気になる部分に香水をつけるのは逆効果です。

香水は香りをつけるものなので、消臭の効果はありません。

汗の臭いや体臭が出やすいところに香水をつけると、体臭と混ざって香水の香りが損なわれてしまいます。

体臭の気になる部分は無香タイプの制汗グッズで対策した上で、手首など別の部位に香水をつけるようにしましょう。

 

衣類に香水をつけない

洋服の匂いが気になるからと言って、洋服に香水をかけるのも良くないです。

香水は肌に直接つけることを前提に作られているため、洋服にかけるとシミや色あせなどを起こす場合もあります。

衣類の匂いを取る場合も、香水の邪魔をしないように無香料の衣類用消臭スプレーを使用するようにしましょう。

 

 

香水をつけすぎてしまった場合の対処法

香水をつけすぎてしまったら、早めの対処が肝心です。

ぬるま湯と石けんで素速く洗い流す、それができない場合は使い捨てられるもので湿らせて拭き取ると覚えておいてくださいね。

乾いてしまうと落ちにくくなるので、つけすぎたと思ったら乾く前にぬるま湯などで洗い流しましょう。

ハンドソープやボディソープを使うと落ちやすく、時間が経って乾いた後でも濡らしてから落とすのが基本です。

出先や移動中など手を洗うことができない環境では、アルコールが含まれているの除菌タイプのウエットシートや汗拭きシートでも落とすことが出来ます

手持ちのタオルやハンカチなどの布製の物で拭き取ると、落ちにくいだけでなく、タオルなどに匂いが移り、鞄の中まで匂いが広がってしまうのでおすすめできません。

 

まとめ

香水を利用する際はご紹介した方法で賢く利用してくださいね!

なみンゴ
これで女子にモテモテだぜぇ〜いぇーい

モテたい男性はこちらをチェック→【女性受け抜群】いい男の香水・フレグランス10選

-香水系まとめ

Copyright© なみンゴの「いずれは晴れる」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.